処分と収入稼ぎを同時に実現!読まない古書は買い取りへ

読書をしている女性

古書買取をしてもらうには

よく街中で見かける買取専門店では、古書の買取をおこなっていないことが多いです。ただ、古書専門の買取業者も数多く存在しますし、ネット上で買取の申し込みもできるようになっているので安心してください。

読まない古書は買い取りへ

PCを使う男性

毎日のように、日本では新しい書籍が出版されています。
電子書籍の登場により、紙媒体としての書籍は廃れてしまったなどとも言われていますが、まだまだ紙媒体での読書を好む人は多いのです。
書籍を購入したい場合、書店へ足を運ぶ人がほとんどでしょう。
新刊だったり、出版されて間もない書籍ならまだまだ在庫もあると思いますが、中には出版されたのが何十年も前のことで、出版社にすらもう在庫のない絶版となった書籍もあります。
こうした出版社でも絶版となった古い古い書籍のことを「古書」と読んでいるのですが、もしかしたらみなさんの自宅にもそんな古書が眠っているかも…。

若い人の自宅にはそう古書が眠っていることはないと思いますが、両親や祖父母から譲り受けた場合や、両親と一緒に暮らしている場合であれば古書がまだ家に残っている可能性は充分あります。
また、不要になったモノを物置に片付けている場合、その中に古書がしまわれている可能性もあります。
では、それらの古書は今後読むでしょうか。
おそらく、多くの方がほとんど読まないのではないでしょうか。
そこで、もし今後まったく読む予定がないという場合は、その不要となった古書を買取業者に査定してもらうことをオススメします。
絶版となった古書なら、付加価値のおかげで思わぬ高額買取が実現するかもしれませんよ。

数冊の本

「処分と収入稼ぎを同時に実現!読まない古書は買い取りへ」の人気記事はこちら